子供の熱 アイスノンで冷やしたがいいのは体のどこ?頭?脇?足?

未分類

気が付いたら急に始まるのが子供の熱。

出掛けたり、遊びにいこうとすると子供が熱を出してキャンセルをすることありませんか?

あんなにさっきまで元気に遊んでいると思っていたら急にグッタリしてる~( ノД`)

そんな時は寝て体を休めるのが1番!

なーんて考えるのは大人だけで実際には子供が大人しくしている訳ないんですよね。

でもそんな子供たちも本当に遊ばなくなってきたら本格的な風邪の症状の始まりです。

私の子供たちが風邪で寝込んだ時に少しでも早く体が楽になる方法は無いか

調べた結果、アイスノンを使って体を冷やすと子供が気持ちよく寝てくれた

のでその方法を紹介したいと思います。

 

アイスノンでの冷やし方

アイスノンを使って体を冷やすのは、子供もヒンヤリして気持ちがいいので私の家では重宝しています。

さらに元気がないときに、普段触れないアイスノンはちょっとした気分転換のよいアイテムにもなります。

まずは楽しくて元気がでることが1番の薬替わり。

そして体冷やし方はアイスノンを少し厚手のタオルに巻き、触った感じが少しヒンヤリする適度で準備万端。

肌に直接触れると凍傷になる可能性もあるのでそこは注意してくださいね。

ただ実際に家にわざわざアイスノンを買っていないということもあるはず・・・。

なので代用品で解決。替わりは小さな保冷材でOKです。

ただ1つでは少し心無いので最低2つは持っておきたいですね。

白元アース アイスノンソフト

価格:772円
(2018/8/12 01:14時点)
感想(5件)

 

 

体のどこを冷やす?

では実際にどアイスノンで冷やすのは体のどの部分が1番よいのでしょうか?

よく一般的にはおでこを冷やすのが普通な気がしますよね・・・。

手を当てて、体温を気にしたりするのでおでこを冷やすと熱が下がったような

気がしますがしばらくするとまた子供の熱って上がってますよね(笑)

 

体を冷やすのに効果的な体の部分は

  1. 脇の下
  2. 足の付け根

です。この付近を太い静脈が流れており、体を流れる血液を冷やす量が多いので効果的に冷やすことができるのです。

熱だけではなく、熱中症にも応用できますので覚えておいた方が良いでしょう(#^.^#)

 

この中でも子供が熱を出した時に私が家で実際にまず一番に冷やす体の場所があります。

 

それは『脇の下』です。

 

これは寝ている時に脇の下の左右2ヶ所にタオルで巻いたアイスノンを挟み込むのです。

首と足の付け根も冷やすこともあるのですが基本的に家で子供に熱を下げるようにする時って布団に

寝ている時なので首と足の付け根は子供の寝返りがあると外れてしまうことが多く、

私の子供には向いていませんでした。

脇の下は寝返りをしても片方はずっと挟まれた状態が続くので1番ヒンヤリした感じを

継続させることができています。

継続してアイスノンを使えている状態が長いほど、翌日子供たちが

暴れまわるのが早かった気がします。

良いような悪いような・・・(笑)

 

まとめ

熱を下げるためにアイスノンを使うことは回復がはやくなる対処法の1つです。

 

また私の家では脇の下が1番元気になるのが早かったのですが、

それぞれ熱の感じ方は多様なので首、足の付け根の方が良い

場合もあるかと思います。

 

その家庭のお子様の状況に応じて変えていってもらえたらと思います。

熱の症状はお母さんも大変ですが子供にとってつらい熱を

早く下げてあげてくださいね(#^.^#)