靴を脱ぐのが憂鬱 足の臭いを消す対処法は?

足の臭い気になりませんか?

靴を脱いだら足が蒸れていると感じるとき足が臭わないか気になりますよね?

足が蒸れているということは雑菌が増殖する絶好の環境です。

足の臭いはそこから生まれます。

そこで足が臭いときに臭いを抑える方法と普段から足が臭くならない為の対策を紹介してきます。

 

 

足の臭いを消す対処法

①足を制汗シートで拭く

汗腺が足の裏には多く、汗をかいて足が蒸れると雑菌が増殖します。

雑菌は汗で分解され、老廃物を出します。それが臭いの原因となるのです。

制汗シートで拭いて足を清潔に保つことで臭いを抑えます。

 

②通気性のいい靴を履く

ビニールやゴムなどの通気性の悪い靴は雑菌を繁殖させやすいのでオススメできません。

また1日中同じ靴で動き回るのも蒸れやすいので注意が必要です。

またそのままの状態で同じ靴をはきつづけると雑菌は増殖していくばかりになります。

 

「同じ靴を続けて履かない」

「通気性のいいスリッパに履き替える」

 

など靴の雑菌の増殖が増える原因を無くしましょう。

 

③足の爪を綺麗にしよう

足の爪に溜まった垢は雑菌が好む汚れです。

爪切りでこまめに爪を切り、清潔に保ちましょう。

 

④靴下を履き替えよう

蒸れたままの靴下や汗をかいているのに靴下を履き替えないと臭いの原因となる雑菌が増殖してしまいます。

汗を吸収する靴下や通気性のよいものを履くようにしましょう。

 

⑤足の洗い方を考えよう

足を洗う際はぬるま湯を桶にはり、十分に足を水分を蓄えさせて汚れを浮かしてから洗うようにしましょう。

そして殺菌成分の含まれるもの、薬用せっけんを使って洗うようにしましょう。

とくに指と指の間に意識を集中して洗うようにしてください。

それでも臭いが気になる場合はミントの歯磨き粉を足につけて洗ってみてください。

臭いに対して即効性があり、効果を実感できます。

※ただ洗った手で目をこすったりしないように注意してくださいね。大変なことになります。

 

まとめ

足の臭いを抑えるには通気性、吸収性のよいものを選びましょう。

普段から足の清潔を保っていれば、今まで臭いが気になっていた方も改善に向かいます。

足の臭いを気にしないで過ごせるように雑菌を徹底してやっつけていきましょう。